1. "賢治は熱心な音楽好きであり、暇を見つけてはレコードを買っていた。賢治が頻繁にレコードを買っていくため、地方の店の割に新譜レコードが多く売れるとして、行きつけの楽器店がイギリスに本社を置くポリドール・レコードから感謝状を贈られたという"
    — 宮沢賢治 - Wikipedia (via sandman-kk) (via fyfyfy) (via objetnonaviable) (via takaakik) (via forzando) (via nemoi) (via okonomiyaki) (via jinakanishi) (via gkojay) (via gkojax) (via fujihajime)
     

  2. "40歳くらいになって、まだ一度も、「この前と同じレベルの成果を出すのに、次は前回より3割、かかる時間を減らすには、どんな方法があるんだろう?」と考えたことのないような人は、まじで「それはとてもヤバい状態なのだ」と理解したほうがいいですよ。"
     

  3. "「バドミントンで使う筋肉は、手りゅう弾や短剣などの武器を投げる時に使うものと同じだ。つまり、例外なしに全ての兵士にとってバドミントンは非常に有効だ」"
     
  4. mangazeta:

    Sexy Ecchi Girls 040 
    For more sexy hentai girls —> http://mangazeta.com

    (via futureisfailed)

     
  5. 1draw-layk:

    なつしぐれ! #艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負 http://t.co/RjqQe1Cxd5

    (via futureisfailed)

     
  6.  
  7.  
  8. zenigata:

    2chan.net [ExRare]

    (via katoyuu)

     
  9.  

  10. "Googleが発表している記事をよく読んでみると、「がんばっています」としか言っていません。よく読むと、どこにも「これができました」とは書いておらず、マーケティング用のイメージビデオなどを元に勝手に見た人が勘違いしているだけでGoogleは嘘はついていません。例えば「自動運転車が何キロ走行しました」とは書いてありますが、そのうちどれぐらいが自動の運転だったのかは書いていないし、「自動運転車は何年後に道路を走ります」と発表する時はそれが「Google敷地内の道なのか、一般道なのか」とかは決して言いません。上空から道を画像解析しているような動画とかを見ても、Googleは「こういう解析をできる」と言っているわけではなく、「取り組んでいる」としか言わないので、記事を読むと情報操作の巧妙さが勉強になります。"
     
  11.  
  12.  
  13.  
  14. jump-gate:

    VOTOMS

    (via katoyuu)

     

  15. "みなさん、私がイライラするやつね。ちょっと厳選で。個人を特定するとかわいそうなんで、すこしアレンジしました。なんで、ちょっと聞いていただきたいんですけど。まあ、女子大生です。基本。私がイライラするのは。『あー、もうまた整形に間違われた。かわいいの、疲れる』。『東京にいて、女子大生で芸能人のホームパーティーに呼ばれない子って、謎』。『世間知らずすぎるって彼に怒られたから、年上の友達に相談した。女の子は苦労せずに生きるのがいちばんだって。やわらかくて優しい雰囲気。そういうのが好きだって。これが30代の男の余裕』。『あーあ、ほら。好きって言われちゃった。つまんない』。『写真撮るの、本当にやめて。芸能人じゃないんだから。もう、昨日も何枚も。本当に嫌』。これですよ!"